2012年04月21日

河口湖クラフトフェアー

河口湖町でクラフトフェアーが開催されました。私にも参加を・・とのお誘いを頂いたのですが、最近は椅子中心で、クラフト作品を余り作っていません。

そんな時、ちょうど11歳の長男、裕樹がジャムナイフを作り始め、なかなか良い出来ばえです。本人に話すと、やってみたいとのこと。11歳で木工家デビューです。私のウッドショーのためにハワイに行っていたので、十分用意できたとは言え無かったのですが、それでも15本のジャムナイフを作りました。

sP1030873.jpg


こんな感じです。写真に気合いが入っていなくてごめんなさいm(_ _)m

さて、会場に行きました。心配なのでついて行きました。すると。お客様から、「僕偉いね。お父さんのお手伝い?」「いえいえ、私が子供のお手伝い」と言いたくなりましたが、どうしてもそう見えるようです。そこで私は家に帰って、家内は陰で応援。子供達だけで対応させてみました。

s2012-04-21 14.43.13.jpg



こんな感じ。子供のクラフトフェアーデビューということもあって、ご祝儀相場の展開。

夕方には完売となりました。お買い上げ頂いた皆様、有難うございました。

s2012-04-22 13.38.11.jpg
posted by TAK at 22:13| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

Hawaii ワークショップへの参加

Hawai Big Island での鉋ワークショップ開催は、10日火曜日となりました。
なので、こちらの生活と、参加させていただいているHFIA主催のワークショップのご報告です。

今回滞在しているのは、ワークショップ会場にも、又親友のタイレーク工房にも近い、ホルアロアにある小さなロッジです。長い滞在のため、豪華な宿泊施設は必要とせず、それよりも私がワークショップや材木屋さんに行っているときに、子供達が安全に、のびのびいられるような場所ということで、ここを探しました。

オーナーはまだ30代のご夫婦。主に奥さんがロッジの管理をしています。ロッジと言っても、自宅の1階にキッチンのついて、玄関も独立した部屋で、ホノルル当たりで言えば立派なバケーションレンタルと言うところです。何より嬉しいのは、オーナー夫妻の3人の子供達と、ウチの子供達の気があって、朝から夕方まで広い庭で何かしら遊び続けていることでしょうか。ほとんど言葉はしゃべれないのに、あっという間に意志が通じるようになり、一日中ほとんど不自由していないようです。オーナーさんの家で一緒に食事をごちそうになったり、地元での習い事(武術のような感じ・・)にも同行させてもらったり、と、まるで兄弟のように過ごしています。本人達も英語をもっとしゃべりたいという良いモチベーションになっています。
sDSC_4728 (2).jpg

こんな感じで200坪ほど有る裏庭で、のびのび走り回っています。
sDSC_4743 (2).jpg

木の上に子どもが5人・・・
sRIMG0008.jpg

私はドンキーミルアートセンター(こんな素敵なところで、常に大人、子どもに向けて、様々なワークショップを開催しています)で、イメージトランスファーと銘打ったワークショップで勉強しています。
sP1030055.jpg

講師はサンディエゴ大学名誉教授のウエンディ.マルヤマさんです。名誉教授というと堅い肩書きに聞こえますが、レクチャーは、常に笑いの渦。アートは言葉のいらないコミュニケーション。アメリカのアーティスト達と、刺激し合いながら、新たな表現にチャレンジしています。
sP1030074.jpg
posted by TAK at 19:44| 山梨 | Comment(0) | TrackBack(0) | Exchange Artist Project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

Hawaii Wood Show 2012

今年のウッドショー、製作から含めてお伝えしようと思っていましたが、作業が難航、とてもブログを更新するまもなく、とうとう現地からのご報告になりました。   で・・・

今年も又やりました。!!2年連続、Honorable Mention のaward をいただきました!
取り敢えず先に作品のスナップを・・スナップなので、あまり写真が良くないのはご勘弁を。
sRIMG0314.jpg

こんな作品を出品しました。香棚のイメージで、日本の指物らしさと、ハワイのコアの木目を生かし、少し洋風の味も加えた作品です。


sRIMG0210.jpg


ハワイの作家達も回を重ねる度に、仲間として認めてくれるようになり、受賞の発表の後は、握手が途切れません。

ハワイに来たのは3月27日。搬入、送付されてきた作品の開梱、陳列のボランティアをして、会は4月1日より始まりました。会の様子は下記からも動画でご覧になれます。時々、ウチの子供達がちょろちょろしているのが写っています。
http://www.youtube.com/watch?v=ZuO10o6QfuA

2日にはオアフを離れ、友人の作家、Tai lake の工房を訪ねます。丁度ダライ・ラマからの注文の椅子を作っている!と言うところだったので、ちょっとですが、私も参加させてもらいました。
sP1030030.jpg


彼らは皆2メートル以上の大柄な人たちなので、私は作業台上の作品に手が届かず、作業台に乗って磨き仕上げです!

sDSC_4801.jpg


これが仕上がったダライラマの椅子。これからインドへ送られます。

sP1030034.jpg


隣では娘がこれまた高い位置のバイスを使って、マカデミアナッツの殻を割ることに奮闘中。スタッフの笑いを一身に受けていました。

明日は、急に現地で開くことが決まった、鉋のワークショップを開催します。Taiの仕事を手伝うために沢山の鉋を持ってきたので、せっかくだから木工家の仲間を集めて、ワークショップにしようと言うことになりました。
個人間では鉋の使い方の解説をしたことはありますが、大勢の前では初めてなので、英語力がちょっと心配?
又報告します。




ラベル:hawaii
posted by TAK at 16:15| 山梨 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Exchange Artist Project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。