2011年10月24日

蔵の中の椅子展

ちょっと遅くなり申し訳ありません。倉敷にて、木工家の作る椅子の展覧会が開催されています。素晴らしい蔵を改装したギャラリーです。倉敷のお近くの方は是非覗いてみてください。

index.jpg


私も参加させていただいております。今回は上高地より切り出された、榎木の巨木の作品です。それ自体も珍しいのですが、内側は大きな雨露になっており、木目は全面に玉杢の出る大変珍しい木です。輪切りにした材料の、雨露の丸みを生かし、ひたすら身体に合わせて削りだしたラウンジチェアーです。座面は木製の座り心地を追求してきた私にしては珍しい革張りです。

63.jpg


主催者の開催趣旨が素晴らしく、そのテーマに沿った素晴らしい椅子達が70点ほど出品されています。日本にこれだけの作品を作る木工家がいることが大きな励みになる展覧会です。

椅子が好きな方にも、全国の作家を知りたい方にも、いろいろな視点で楽しめる展覧会です。
posted by TAK at 23:42| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

森林浴トレイルラン 入賞プレート

精進湖でトレイルランが開催された。友人の福田六花氏がプロデュースしている大会。


fukuda02.jpg


富士の麓、美しい樹海を走るすてきな大会だ。この大会のために入賞盾を作らせていただいた。

sP1010833.jpg


この大会は約1250年前に流れた溶岩流の上(それが青木ヶ原樹海)で行われている。そこで、その時の噴火を沈めるために建立された浅間神社に生える樹齢1200年の杉の木から落ちてきた枝でその盾を作った。

枝と言っても直径10cmの中に年輪が、何と200本もある!決して大きなモノではないがその存在感は圧倒的だ。100倍のルーペで確認しないと年輪を数えることすらできない。



昨年に続き、表彰式で制作のこと、この木の事を少々話す機会を頂いた。樹齢1200年の話の所では歓声が沸く。日常生活の中で、1200歳のモノと暮らすことを考えると、ちょっとわくわくするでしょう?

sP1010835.jpg


参加者が皆生き生きと走り、富士の自然を楽しんでいることが解る。とってもうらやましいな。
来年は私も走者として参加させていただきたいと思い、プロデューサーの福田六花氏と2ショット!?

sP1010834.jpg
posted by TAK at 23:33| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

lidem チェアーフィッティング こども用姿勢改善アダプター 

青山 町田ひろ子アカデミー グリーンハウスにて開催された「生活デザイン」未来塾に於いて、子供用姿勢改善アダプターのプレゼンテーションをしてきました。

木工家、デザイナー、販売関係、企画など、家具、インテリアに係わる約20名の参加者に、チェアーフィッティングの考え方、現在問題化している子供の姿勢の崩れ、その解決策などを発表しました。

参加者からは、デザイン、実用化、問題点など、様々なご意見を頂きました。有難うございました。
posted by TAK at 23:55| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チェアーフィッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。